サービス紹介

芝浦スタイル とは、どんなサービスなの? このページでご紹介しています

「芝浦スタイル」とは?


「芝浦スタイル」は、「東京都港区『芝浦 1 ~ 4 丁目』『海岸 3 丁目』」における街の移り変わりを記録整理紹介していくサービス です。


対象範囲について

芝浦の範囲は?

「芝浦」がどのエリアを指すかは、「人によって」あるいは「文脈によって」異なるかもしれません。
このサービスでは「東京都港区『芝浦 1 ~ 4 丁目』『海岸 3 丁目』」を広義の芝浦と捉え、記録整理紹介しています。

「海岸 3 丁目」には何があるの?

「芝浦埠頭」や「芝浦内貿1号上屋」などがあります。(あまりにも一般名称過ぎるためか)「海岸」の名を冠した建物は見つからないため、実質的に「海岸 3 丁目」も芝浦と言って差し支えはないと思われます。

だったら「海岸 1 ~ 3 丁目」もすべて対象にすればよいのでは?

私もそう思い地図を確認してみたのですが、「海岸 2 丁目」は「日の出」、「海岸 1 丁目」は「竹芝」と呼ばれる地域であり、「芝浦」と呼ぶには無理があるため、対象範囲外としました。

私が、芝浦スタイル サービスを開始した 2 つの理由


1.「変わっていく芝浦の街並みを記録しておきたい」と思ったから

何でもない景色ほど後から振り返ることは難しい、と私は思います。

私がデジタルカメラで撮影開始した 2004 年には、「グーグルマップ ストリートビュー」サービスはまだローンチされていませんでした。※「グーグルマップ ストリートビュー」のアメリカサービス開始年月日は 2007 年 5 月 25 日、日本サービス開始年月日は 2008 年 8 月 5 日です。
その意味において「芝浦スタイル」は画期的なサービスであると自負しています。
※「グーグルマップ ストリートビュー」登場により、現在ではその価値はもはや失われていると思いますが……。

(中略)

社会人になってようやく念願のカメラを入手した私は、物珍しさもあり手当たり次第に撮影しまくっていました。

(中略)

「芝浦に関する古い記憶で最も印象に残っていること」は、朝の通勤がとてつもなく大変だったことです。
当時「JR 田町駅 芝浦口(東口)」には、現在の(港区が設置した)ペデストリアンデッキはなく、代わりに細い跨線橋が架かっていました。
芝浦に居住していた私は、この跨線橋を渡り「JR 田町駅」経由で通勤していたのですが、この跨線橋を渡ることがとてつもなく大変だったことを覚えています。
「JR 田町駅から芝浦へ向かう人」と「芝浦からJR 田町駅へ向かう人」の割合は「9 対 1」あるいは「9.5 対 1」ぐらいの割合でした。とにかく「ものすごい数の人の波」が対向から押し寄せてきました……。

(後略)

2.芝浦が好きだから

私は、芝浦が大好きです。気に入っています。
対外的には「勤務先に近いから」という理由で芝浦へ引っ越してきたのですが、心の中では「港区に居住することになった私ってイケてるわ」と思っていました。浮かれていました……。

スペック


カテゴリー数

カテゴリーは階層構造となっています。具体的には「親カテゴリー」と「子カテゴリー」で構成されています / 20


エントリー数

userが投稿したエントリー数 / 44


定点写真掲載数

278


特選ツイート数

159


アカウント作成完了者数

申請後、24時間以内に(メールアドレス経由で)認証実行したuser数 / 5


このWebサービス(芝浦スタイル)の最終更新年月日時分秒

2021年7月27日 17時16分57秒

お知らせ


更新履歴

2021 年 7 月
 サイトリニューアルを行っています。
 具体的には、スポット詳細ページにおける基本情報を自動的に表示するよう変更しました(それに伴い、本文の一部修正を行っています)。


2020 年 3 月
 サイト全面リニューアルを行っています。

近況報告

対象地域の画像を、2019 年までに 29,807 枚( 388 GB)撮影しました。
2020 年以降撮影画像につきましては、現在整理中です。

写真撮影は、現在でも継続して行っています。
このサービスは「INTERNETBROTHERSJAPAN」が作成しています。

Twitter


制作履歴ツイート


タイムライン